本文へ移動

ようこそ社会福祉法人聖導会へ!

 早春の播種に希望を託し、夏の木陰に涼やかさを知る。 秋は収穫を分ち合い、冬は春を迎える準備に心を注ぐ。
自然は人の心を癒し、人間の生態リズムを整える。それに適度な労働と憩いは、風穴を開け仲間との関りの中で社会性を身につけ成長する機会となる。崎学舎は地域社会との連携を大切にしながら、昭和50年(1975年)に開設され現在に至るが、アジア太平洋園芸療法セミナーではワークショップの後、国内外の参加者との意見交換会がなされた。生活体験から感性を育てる川崎学舎の実践報告を高く評価していただいた。
創立者の意をくみ、生かされ与えられるだけの人生ではなく、其々の能力に応じた自助努力やチャレンジする気持ちを大切に、愛しみをもって育てたい。そして、これからも知的障がいを持つ方達と、そのご家族に寄り添う支援をすすめていきたいと思う。
福祉の現場は、福祉を超えた生活の場を創造させていかない限り、成り立たないはずであるから。
社会福祉法人 聖導会  理事長 中島洋一
活動や催し
随時更新中!最新情報はこちらからチェック
 むつみ便りについて
施設のスタッフが日々の出来事をつづったり、最新のお知らせを掲載。利用者様の施設内での活動や催しごとなど、さまざまな様子をご覧いただけます!
ぜひ気軽にのぞいてみてください。
むつみ便りはこちらから閲覧できます
障がい者支援施設 川崎学舎
障がいをお持ちの方々が、日々心地よく過ごせる環境づくりや、一人ひとりが持つ個性を尊重した支援をおこなっております。
グループホーム 如月ハウス
グループホーム 如月ハウス
介護サービス包括型のグループホームとして、日常生活能力の維持・向上はもちろん、共同生活住居において生活の基礎となる知識や技術を身につけ、心豊かな暮らしができるよう支援をおこなっております。入居をご検討の方はぜひ当事業所へお電話にてご相談ください。
グループホーム 如月ハウスの主な概要や室内の様子はこちらから
TOPへ戻る